人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私は尿管結石を起こしやすい体質です。

その尿管内の結石が出たのです。


尿管とは腎臓で生成されたおしっこを
膀胱まで運ぶ管です。

その管に結石がつまる時は激痛を伴います。
ひどい人は痛みの余り気絶したり、そのまま救急病院へ搬送されるなんてこともあります。

私も一番はじめの時は救急病院へ搬送されました。

しかし、しばしば繰り返されるので
その痛みに慣れてしまい。
今は予兆を察知して、先に尿管の運動を促進する薬や痛み止めを服用し、
家や病院の中をジョギングすることで結石の通過を待つことができるようになりました。

ちなみにジョギングすることで上下に身体が揺すられ
物理的に結石を落とすそうです。
縄跳びなんかもいいようですね。
本当かよ??
とても疑問でしたが、
実際やってみると縦運動したほうが通過時間が短いです。
循環機能が促進されて尿量が増えるせいもあると思いますけどね。

先日、大きな痛みが突然訪れました。
胃腸炎を起こして飲水量が減少していたのもいけないのですが
この痛みはすざましいものでした。
立っていることが困難なほどの痛みです。
予兆を感じることもできないくらい早い症状発現で薬が効く間もなく
久々に苦しみました。
立っているのもつらいのにがんばって家の中を走りました。
しかし、縦運動の効果あってか15分くらいで痛みが引きました。
この石が通過する時間は比較的短いほうだったですね。

そのあとトイレにいったのですが
結石が出たのです。

尿管結石はかなり小さいので
トイレに行って出たとしてもほとんど確認することができないなんて話を
以前お医者様から聞いていたのですが、
直径3mm厚さが1mmの平べったい石が出たのです。
感動しました。
もちろん記念として
きちんと保存してあります。

先日、猫の尿管から、結石の摘出手術を行ったばかりだったのですが、
そのネコちゃんから採取された結石とほぼ同じ大きさでした。
猫だと完全閉塞する大きさが、やはり人間だと排出されるのですね。
当たり前ですが・・・。
3/21(日)は休診させて頂きます。
昼間は病院には誰もおりませんので
診療することができません。
緊急の場合は他の病院を当たってください。

夜には戻りますので
その時に診察することは可能です。
留守番電話にご用件を入れておいてください。
戻りましたらご連絡致します。

ご迷惑をおかけします。
ちょっと前に雪が積もりましたが
その時の話です。

その日は休診日だったので
私が入院の動物を散歩に行くのですが
オリガが雪の日の散歩が好きだったので
そのころのことを思い出しながら
ちょっとわくわくしながら散歩にでました。

キリッとした寒さ
雪のせいでちょっと湿っぽく
快適な散歩でした。

しばらく歩いていると
ワンちゃんが突然立ち止まり
耳を立てて警戒しました。

私はなんのことか分からずに
一緒に立ち止まってキョロキョロしていたら
屋根の上の雪が突然落ちてきました。

オオカミは雪崩を感じ取るなんて話を
なにかの本で読みましたが

やはりイヌはオオカミの子孫なのだな〜
と思いました。